フリーランスになった乾物マン日記

40歳半ばでフリーランス生活をはじめたパパブログです。オーナー会社より営業委託を受け、自身の営業力だけで独立・法人化を目指します。退職に伴うトラブル・対応・準備などを含め、フリーランスの身分での業界内での立ち回り方などを紹介します。乾物(昆布)についても語っていきます。

得する自由生活

フリーランスになって得した事

 

 

 

 

 

私の経験からフリーランス生活を始めてみて思ったことがあります。

 

 

時間が自由に使える

 

時間に自由(余裕)ができたことです。

簡単に自由といっても、暇な時間が増え昼寝している。といったことではありません。(昼寝も全然OKですが(笑い))

 

f:id:kanbutuman:20200119195214p:plain

 

時間・場所に縛られない

 

自宅開業だと出勤・帰宅がなく、朝の早くから仕事が始められます。
私は今でも朝6時には起床します。

会社員のころ出張する時は4時ごろ起床ししてました。

 

自宅開業になると、ダラダラとしたた朝の時間の使い方もできますが、もったいないです。朝は頭がすっきりしている分、やりたいことがスムーズに進みます。

 

フリーランスになってからは、朝早く、もしくは夕方から注文や依頼事項が来ることが多くなりました。

(得先様が手すきになってから連絡してきている為)

 

その点は仕方ないんですが、会社勤めだと、残業がしずらく翌日回しになっていました。しかし今は、その日のうちに処理でき翌日まで持ち越さなくてもよくなりました。
仕事は優先順位を決めて、その日のうちに処理することが一番です。

 

携帯・パソコン、タブレットなどがある為、どこにいても仕事ができます。
唯一、FAXでの注文・依頼事項がった時には家にいないと対応が遅れてしまします。
e-FAXも検討しましたが、問題点も多いとのことでしたので今は採用していません。

 

家族団らんの時間・親の介護が無理なくできる

 

うちは子供がまだ小さいので、小学校・保育園から帰ってくるのが3時ごろです。
フリーランスになってからは、そのころには仕事も一段落ついてます。帰ってきた子供たちと遊びことも可能になりました。
また妻のパート勤務時間も3時までなので、時々買い物に付き添えます。ちょっとした家族サービスができますね。

私は両親と同居をしています。

両親も高齢になったので、病院の送り迎えなどプチ介護を妻に頼らず自分でできます。

将来、妻に迷惑をかけなくても親の介護ができます。

 

f:id:kanbutuman:20200119195123p:plain

 

フリーランスになってからは、朝から晩までPCに張り付ているわけでもありません。

実働時間は2時間ほどです。

仕事の内容は、電話、注文のFAXの対応、見積書・提案資料の作成などです。

ほとんど時間が余ってしまいます(-_-;)

 

空いた時間には、散歩がてらに買い物に行ったり、DVDをレンタルしに行ったりと休日気分です。

 

 

お得なサービスが受けられる

 

妻はサービス業に勤務しているので平日に休みがあります。二人でランチを食べに行くようになりました。
会社員の時は社内での食事が決まりだったので外でのランチは考えらえませんでした。フリーランスになってからは新鮮な感じです。平日のランチは、お得な設定が多いため助かります。たまに両親もつれてくと親孝行にもなります。

 

副業がやり放題

 

もともと、本業が会社員でないので副業とは言いませんね(笑)

時間をうまく使えば、くつもの仕事を兼業できます。気分転換に異業種でのアルバイトも可能です。会社員の時の縛りが無い分、自由に行動できます。

 

お金が儲かる

ある方が言いました        

 

 

「休日に仕事して、平日に遊びにいく」


これが一番お金が貯まる過ごし方や!♪  と


その方は夏に「海の家」も切り盛りしています。
当然、平日より休日の方が来客が多くきます。何よりも、海の家なの商品単価・料理代金・駐車場代金等、市場より高くされているため利益率も高めです。
ひと夏頑張れば、1年分の利益(収入)を確保できる!とおっしゃていました。

更に、冬は「スキー場」でも経営しようかとも冗談で言っていましたよ(笑、


人が、休んでいるときに働いて、仕事しているときに休む   

家庭がある方は家族サービスができなくなるので厳しい事ですが、お金を稼ぐといったことからいうと理にかなっていますね(笑)

 

 

 


ストレスフリー

 

 

私が一番よかったのは、会社からのプレッシャーが無くなり、ストレスが減ったことです。

 

・無能な上司から案件処理の丸投げ  ・・・・管理能力の欠如
・方向が定まらない経営方針     ・・・・将来への不安、
・会社の得意先に対する横柄な営業姿勢・・・・営業成績不振

 

など、いくつも不信に思っておいてイライラしていました。
そういったしがらみから解放されただけでも今の精神状態は、いいと思います。
退職時は、会社・経営者に対する恨みつらみが、つい口に出てしまっていましたが、今は全く思わなくなりました。
むしろ、前社の社員を同情する側になっています。本当に穏やかな毎日を過ごせています(笑)

 

f:id:kanbutuman:20200125104848p:plain






また時間があると、地域貢献もできますね。
地域の役員、PTA役員等いろいろと依頼が増えてきます。

 



「暇でしょ?時間があるんだからやってよ」         的な感じで(-_-;)


こういった役職は嫌々やってたら良くないので、やるなら本腰入れてやるべきですね。

そう私は思います(笑)

また自分の健康への投資として「ジム通い」等もできますね。
あまり辛い事が好きではないので、私は通いたいとは思いません。
私には、のんびりと散歩がてらのウォーキングの方が性に合っています。

 


 

1時間のスキマ時間で活躍!ビジネス知見のスキルシェアサービス「ビザスク」

 

デメリット

 


一方、悪い点は、やはり収入が不安定なことですね。

 

安定するまでは不安との闘いですね。

 

・今の自分に何が足りないか? 
・扱い商品のアイテム数は適正か? 
・得意先の開拓はできているか?
・今後、どういった分野での展開を目指すべきか?


など考えていけばたくさん見直す点が出てきます。
今の自分をしっかりと分析(棚卸)して、対策を錬り実行に移す。これの繰り返しです。
何事も、あきらめない事が大事ではないかと思います。

 

 

また、自分自身を成長させる為に

 

厳しいことを言ってくださる仲間を作る                                        ことが大事です。

 

 


1人での環境は衰退しても気づかないことが多いのではないでしょうか。そうなる前に環境整備をした方がいいです。


私も、フリーランスになってから調子に乗りすぎてしまったことがありました。厳しい目で判断し、注意してくださった方がいました。

大変に助かりました。また良い勉強になりました。素直に聞ける姿勢を持ち続けたいと思いました


余談ですが・・・

 

そんなこんなでフリーランス生活を楽しんでいますが、現在住んでいるところは田舎なので、周りからの視線は厳しいものがあります。

 

 

うちの近所には老夫婦が多く、昼間から歩いていると、仕事をしていないみたいに思われてしまいます。

近所で噂にもなってしまう分、親に肩身の狭い思いをさせてしまっています。年配者にフリーランスっていってもわかりませんしね。

店舗をもったり事務所を持ったりすれば認識が、変わるのかもしれませんがね(笑)

 

かといって、片っ端から説明して回るわけにもいかず・・・

 

なかには、「暇なら議員さんならないか」と言ってくる人もいました(笑)

さすがに断りました。議員さんも暇ではないでしょうし(汗)

 

ともあれ、これで収入さえ安定してくれれば、言うことなしのフリーランス生活です。私も法人化するまでの自由生活を楽しんでいきます。